至福の牛肉を育てる
その原点にあるのは
愛情です

おいしい牛肉の生産者としての私達のこだわりをひとつ挙げるなら、牛とたくさん話し、たくさん声を聞き、「牛の言葉がわかるようになる」ことをスタッフ全員がめざしているということかもしれません。一頭一頭に声をかけ、細かく気を配り、毎日まいにち健康状態を確認します。優れた血統に潜むポテンシャルが十分に発揮されるよう、すくすく元気に育ってもらうのが職人の腕の見せどころ。だから、全国有数のブランド牛である〈米沢牛〉も〈山形牛〉も、高橋畜産オリジナルブランドの〈蔵王牛〉も、私達が育てあげる牛肉は健康的なおいしさに溢れ、肉のプロ達から高い評価を獲得しています。牛への深い愛情と理解。それこそがおいしさの原点なのです。

最高鮮度をお届けできる
その秘密は流通にあります

私達が考える美味しい肉の決め手は「鮮度」です。高橋畜産グループは創業から60年以上の年月をかけて、他にはない独自の流通体制 T1(高橋畜産食肉一貫生産体制)を構築しました。繁殖・育成から販売までのほぼすべてを自社で行うため、流通はシンプルでスピーディでダイレクト。最高鮮度の肉を提供できる仕組みです。